HOME 商品かごの中をみる 会員情報をみる ご利用案内 お問い合わせ お客様の声 フアドよりご挨拶 サイトマップ

フアドよりご挨拶〜私たち家族のオリーブオイル






レバノンはオリーブの原産地に位置し、紀元前4000年には、すでにオリーブの栽培が行われていたと伝えられています。その栽培技術は交易の民、フェニキア人によりギリシャ、イタリア、スペインなど地中海全域へと広められました。私の故郷では村中の丘にオリーブの木が茂っていて、樹齢100年を超える古木もあり、中には1000年を超えるシンボルツリーもあります。毎年4月になると白い小さな花が一斉に咲き、10月にはたくさんの実がなります。その光景はとても美しく、子どものころから見慣れている私でさえ感動を覚えるほどです。


私たちにとってオリーブオイルは日本のお醤油のように食卓には欠かせないものです。また、食事に使うだけでなく、便秘の予防や胃の調子を整えるために朝スプーン1杯のオイルをそのまま飲んだり、祖父母の時代では傷ややけどの応急手当てに使ったり、髪や肌の手入れなどにもオリーブオイルを使っていました。1970年代、オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸が心臓病や動脈硬化の予防に効果があるという研究調査が発表され、地中海地域の食生活が世界中でブームになったことは私自身とても嬉しく感じています。


私は国費留学生として来日して以来、30年余りを日本で過ごしてきました。学生の頃からレバノンと日本の橋渡しをしたいと思い続けてきましたが、残念なことに、レバノンというと戦争のイメージしか思い浮かばない方がほとんどです。しかし、レバノンを南北に走る二つの山脈は「中東のスイス」と呼ばれるほど美しく、毎年スキーヤーで賑わっています。レバノンという国の名前も、セム語で山の「白」を意味しているところからきています。そして、その山々が蓄えた豊かな水脈のおかげで、レバノンには他の中東諸国には見られない緑の穀倉地帯が広がっています。実際、ローマ帝国領だった時代には「ローマの穀倉」と呼ばれていました。古来、この大地で育まれてきたオリーブを日本のみなさんに紹介することは、日本とレバノンの小さな架け橋になると信じています。


FUADO'S HARVEST(フアド農園の豊かな実り)と名づけ、私たち家族が四代に渡って愛し続けているこのオリーブオイルは、エクストラヴァージン・オリーブオイルの中でも最高級のひとつであると自負しています。バターのかわりにパンにつけたり、サラダやパスタにかけたり、さまざまなお料理に、愛情を込めて育てた私たちのオリーブの味をぜひ一度お試しください。




レバノンのオリーブ農園



食卓風景



農園にて



収穫前のオリーブの実
レバノン生まれ。大学卒業後に来日し、日本語や日本の司法を学ぶ。サラリーマンとして企業で国際取引などの 法務を担当。現在はフリーランスで、建築法をメインに様々な案件で活躍。大塚国際美術館(徳島県鳴門市) の設立時には、世界中の名画を原寸大で写真陶版製作する権利許諾などに奮闘し、短期間で成し遂げる。日本語・フランス語・英語・アラビア語を駆使し、休日はバックパッカーのような海外旅行を楽しむのが趣味。 2010年より慶応義塾大学大学院法学部にて国際取引法の講師。国籍は日本。

資 格
ニューヨーク州弁護士資格 レバノン国弁護士資格 元東京第二弁護士会会員(外国法事務弁護士として)

学 歴
1974年 レバノン国立大学法学部卒
1980年 大阪外国語大学、文部省国費留学生用日本語入門コース卒
1980年4月 広島大学法学部にて、国費留学生として国際司法研究
1982年 広島大学大学院法学部 修士課程取得
1987年 慶応義塾大学大学院法学部 博士コース終了
1991年 ニューヨークのColumbia University大学院法学部Master取得
2007年 Vancouver(カナダ)のUBC大学法学部で研究(民法、建築法)

FUADO'S HARVEST のものがたり




果実を傷つけないよう、ひと粒、ひと粒、丁寧に摘み取ります。機械を使ったり棒で実をたたき落としたりする方法もありますが、ほんの少しでも傷がつくと、その瞬間から酸化や発酵が始まり、みるみるうちに劣化してしまうため、FUADO'S HARVESTは手摘みにこだわっています。



高品質のオイルを作るためには、収穫から時間をおかずに搾ることが欠かせません。朝6時に収穫を始め、午後には農園内の自社工場へと運び、その日のうちに搾油します。



混ざっている枝や葉を取り除き、さっと水洗いします。



伝統的な製法である圧搾法と呼ばれる方法で搾油します。?大きな石臼をごろごろ転がしてオリーブの実をすりつぶします。オイルを取り出しやすくするために、ペースト状になったオリーブを、さらにミキサーでよく練り込みます。



このと き熱を加えると、よりオイルが取り出しやすくなりますが、そうするとオイルの個性を決定づける抗酸化成分や芳香成分などの微量成分が失われてしまいます。 オイルの個性を充分楽しんでいただくために、FUADO'S HARVESTは熱を一切加えない、いわゆるコールドプレスで製造しています。出来上がったペーストは丸いマットにのばして、積み重ねてゆきます。



これを 数百枚重ねたところで機械でプレスし、果汁を搾りだします。まさにオリーブのフレッシュジュースができあがります。



フレッ シュジュースの状態ではオイルと水分が混ざっているため、遠心分離機にかけて速やかにオイルと水に分けます。取り出されたオイルには細かい果肉が混じって います。ほとんどのメーカーはこれをフィルターで取り除きますが、FUADO'S HARVESTではオイルの自然な風味を大切にするため、濾過しません。こうしたノンフィルターのオイルは品質管理が難しいため、ごく一部のメーカーしか 生産していません。濾過した通常のオイルとは全く違う風味や質感を楽しんでください。



こうしてできあがったオイルは自社工場で瓶詰めされます。

レバノンとオリーブ

オリーブの原産地は今から約6000年前の地中海東部だと言われています。もともと自生していたオリーブを最初に栽培したのは、現在のレバノンやパレスチナにあたる地域の人々で、海上交易に突出した能力を持っていたフェニキア人により、その栽培技術は西へ、地中海全体へと広められました。

現在でもレバノンではオリーブの栽培が盛んで、農業の柱として大切な産業となっています。この地域を訪れたことのある方ならご存知でしょう、アラブ料理、とりわけレバノン料理ではさまざまな野菜やハーブとともにオリーブの実やオイルをふんだんにいただきます。夏は乾燥して暑く、冬は温暖でまとまった雨が降る地中海性気候という自然の恵みのおかげで、とても質の良いオリーブが育つのです。

農業の柱といっても、スペインやイタリアのように大規模な経営をする農家は少数です。多くはFUADO'S HARVESTのように家族で経営する小さな農園です。最近ではレバノン農業省とAmerican UniversityがHealth Basket Programと呼ばれる有機栽培の共同研究を行うなど、官民ともにオリーブを産業として育てる動きが高まっています。

さて、オリーブの種類は世界中に数百種あると言われています。数え方によっては数千種、という人もいます。それはオリーブが自家受粉しにくい植物で、異なる2品種以上を植えることで結実しやすくなるため、もともとの種と亜種の関係が分かりにくくなってしまうからです。これほどたくさんあるオリーブの種。大きさや形はもちろん、味も実にさまざまです。タジャスカ、アルベッキーナなど、スペインやイタリア産のオリーブとは全く違う風味や個性を持ったレバノンのオリーブオイルを楽しんでください。

Soury(主に北部で生産)
Samakmaki(主に南部で生産)
Airouni(辛味に特長があり、広く分布していますが収穫量が少ないため稀少な種です)
Baladi(主に北部。古くから伝わる種ですが、Souryの亜種に間違えられやすい)
Chami(シリア・ダマスカス由来。テーブルオリーブ向き)
Edlebis(シリア・イドリブ由来)


参考資料)国際オリーブ協会Country profile

ページトップへ