HOME 商品かごの中をみる 会員情報をみる ご利用案内 お問い合わせ フアドよりご挨拶 サイトマップ




             

FUADO’S HARVEST のギフト・2つのポイント

1: 現地より直送!4代続く伝統あるオリーブ農園の「元祖」オリーブオイルです
  「オリーブの木1本1本が僕の大切な家族なんだ。収穫前には全部の木に“ありがとう”って声をかけるよ。」
  生産者の愛情が込められたFUADO’S HARVESTのオリーブオイル。
  オリーブの栽培は、約6000年前に地中海沿岸(現在のレバノン)で始まり、その後ギリシャ、イタリア、スペインなどの
  地中海全域へと広められました。オリーブ発祥の地・レバノンから伝統あるオリーブオイルを直送いたします。

2: 「完全無農薬」「手摘み」「無濾過」は最高級オイルの証
  FUADO'S HARVESTでは有機農法で栽培したオリーブの実を、早朝にひと粒ずつ丁寧に手摘みし、7時間以内に絞るという
  こだわりがあります。1番絞りの臼しか使用せず、オリーブから絞り出したオイルは自然な風味を大切にするため
  濾過しません。こうした無濾過のオイルは品質管理が難しいため、市場に出回っている数はごくわずかです。
  最高級といわれる由縁が随所にみられます。




赤い太陽、青い海、そして美しい緑の大地。

レバノン南部、地中海沿岸の恵まれた自然環境の中に、FUADOのオリーブ農園はあります。レバノンはオリーブの原産地に位置し、およそ紀元前4000年にはすでにオリーブの栽培がなされていました。その栽培技術がフェニキア人により、ギリシア、イタリア、フランス、スペインへと伝えられたといわれています。村中の丘にはオリーブの木が茂り、そのオリーブの樹齢は100年を超え、なかには下記の写真のような1000年を超えている古木もあります。







    ■ 農園主
    大塚 不破土 おおつか ・ふわど
    国際弁護士、大塚国際美術館理事
    慶應義塾大学大学院講師
レバノンを南北に走る二つの山脈は「中東のスイス」と呼ばれるほど美しく、国の名前も、セム語で山の「白」を意味しているところからきています。そして、その山々が蓄えた豊かな水脈のおかげで、レバノンには他の中東諸国には見られない緑の穀倉地帯が広がっています。
私は国費留学生として来日して以来、30年余りを日本で過ごしてきました。残念なことに、レバノンというと戦争のイメージしか思い浮かばない方がほとんどです。しかし、この大地で育まれてきたオリーブを日本のみなさんに紹介することは、日本とレバノンの小さな架け橋になると信じています。 》詳しくはこちら

FUADO'S HARVEST からのお知らせ

  • TEL:03−6280−3456
    フリーダイヤル:0120−82−4192
    FAX:03−6280−3451
    メール: otsukaolivefarm@gmail.com
    〒104-0033 東京都中央区新川2-14-4 510ビル6F 蠡臘優リーブファーム



  • お客様各位

    平素は大塚オリーブファームをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
    今年も10月中旬にレバノンのFuado’s Harvestでも、オリーブの初摘みの時期を迎えます。
    早朝、たわわに実ったオリーブをひと粒ずつ丁寧に手摘みし、5時間以内に石臼で(高さ140cm×幅40cmの2つの丸い石)搾って作るエクストラバージン・オリーブオイルは、正にオリーブのフレッシュジュースといえます。このコールドプレス方式で搾った、搾りたてのオリーブオイルは風味といい質感といい、常識を覆す美味しさです。

    なお、今年収穫のざくろで作ります、手作り「ざくろヴィネガー」の販売も同時に承っております。レバノンで収穫されたワイルドタイプの完熟ざくろを、100%天然無添加の濃縮エキスに仕上げました。昨年は到着後4ヶ月で完売した人気商品です。上質なヴィネガーのような濃厚な甘酸っぱい風味は、肉・魚・野菜の各種料理とも相性抜群。フルーツソースとしてアイスクリームやヨーグルトにそえたり、Fuado's Harvestのオリーブオイルに少したらしてパンに付けて召し上がるのもおすすめです。
    オリーブ発祥の地・レバノンより心を込めてお届けする、1年に1度だけの贅沢な味わいを、この機会に是非お試しください。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

    生産者 大塚不破土    HP: http://www.fuado.com

手摘みによる作業     →

出荷直前のオリーブの実
石臼による圧搾     →

出来立てのオリーブオイル

_   _

ページトップへ